大森歯科医師会では以下のような地域活動を行っております
 歯の衛生週間事業   図画・ポスター・作文コンクール表彰式、展示会
 8020表彰式
 お口の健康パネル展
 お口の健康フォーラム
 寝たきり高齢者訪問歯科支援事業
 警察協力医会
 学校・保育園歯科健康診査
 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)歯科医療協力事業
 障害者施設歯科健康診査
 口腔がん検診
 講演会
 その他


「歯と口の健康週間」 図画・ポスター・作文コンクール表彰式、展示会
平成30年6月17日(日)、池上会館において平成30年度「図画ポスター作文コンクール表彰式、展示会」が開催されました。
本年度は、保育園・小、中学校から488点の図画・ポスターと28点の作文の応募があり、厳正な審査のうえ、図画・ポスター114点、作文10点の入賞作品が選ばれました。表彰式には多くの来賓の方々がお祝いに駆けつけてくださいました。また、受賞者のご家族も多数出席され、会場はお祝いムードに包まれました。
表彰式では、受賞者のみなさんに、大森歯科医師会の呉橋会長から表彰状と副賞が手渡されました。また作文の部で受賞した、小学生の鈴木菜花さんが作文を朗読してくださいました。鈴木さんは、自身の経験から、むし歯の成り立ちを調べ、予防するにはどうしたらよいかを考えて、どのように注意して健康を保っていくのかを、非常に丁寧に細かく作文にしてくださいました。お口の健康への関心がとても高く、会場内が感心して朗読に耳を傾けていました。
今回のコンクールをきっかけに、受賞者のみなさんだけでなく、応募された全てのみなさんがお口の健康に興味を持ち続けてくれることを心から祈りたいと思います。
表彰者・受賞者のみなさん

金賞受賞作品(敬称を省略させていただきます)
■図画・ポスターの部
小池小学校1年
下廣 幸永
田園調布小学校2年
石田 眞咲
入新井第四小学校3年
松村 和瑚
調布大塚小学校4年
高見 遥
小池小学校5年
渡邊 琴子
入新井第一小学校6年
川岸 季立
貝塚中学校1年
井本 詩織
大森第四中学校2年
長岡 万琳子
雪谷中学校3年
関和 小菊
   
大森第八中学校特別支援学級3年
高橋 佳吾
大森西保育園年長
松岡 理彩

■作文の部
入新井第一小学校 5年 土谷 萌愛 「歯の役割」
馬込第三小学校 6年 鈴木 彩花  「虫歯がない歯へと」


8020表彰式
平成29年11月5日(日)、大森東急REIホテルにおいて、平成29年度8020運動表彰式が開催されました。
開催日前の週末が、2週連続台風による大雨でしたが、この日は晴れてとてもおだやかな天気となりました。
8020運動は「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう。」という運動で、平成元年から始まりました。平成28年に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査の結果によると、8020を達成した人の割合が51.2%となり、初めて2人に1人以上となりました。前回調査時(平成23年)が38.3%でしたので、10%以上増加したことになります。
歯科医師会としては、歯の健康維持を実践してこられた大田区にお住まいの高齢者の方々を表彰することで、8020運動を区民の健康づくりの励みにしていただきたいと考え、この表彰式を毎年おこなっております。
本年度は、大田区内から56名の方々が授賞式に参加されました。
その中から、最高齢87歳の方に松原忠義大田区長から大田区賞が謹呈されました。その後、呉橋美紀大森歯科医師会会長より全員の方が表彰されました。


お口の健康パネル展
平成29年12月3日(日)、JR大森駅中央口コンコースにおいて平成29年度「お口の健康パネル展」を開催いたしました。これは「歯の衛生思想普及事業」の一環として、本会が毎年行っている事業のひとつです。
歯周病・虫歯・入れ歯・矯正・インプラント・口腔がん・高齢者治療などについてパネルを展示し、本会の歯科医師や歯科衛生士がパネルの説明、一般の方々のお口の健康相談にもお答えしました。
ご家族連れやお子様たちにも足を止めていただけるよう、今年はリスの着ぐるみの中に本会会員が入って奮闘いたしました。例年にも増して、お口の中に関心を持たれているたくさんの方々に来場いただき、日頃から疑問に思っているいろいろなご質問をお受けし、大盛況でした。
ご来場の方々にはお土産として歯ブラシ、洗口剤、歯磨き粉などのお口の衛生グッズと本会発行の小冊子「私の待合室」を配布し、たいへん喜んでいただけました。
この事業が区民の皆様に役立っていることを本会会員一同がはっきりと感じ、これからも皆様のお口の健康の維持・増進に寄与していくことが大切であると、改めて認識いたしました。来年も多数の方々のご参加をお待ちしています。


お口の健康フォーラム
平成29年3月12日(日)10時より大森歯科医師会会館にて「お口の健康フォーラム」が開催されました。フォーラムでは、講演会と、昨年、大田区嶺町文化センターでも行われた口腔がん検診を行いました。講演会には50名、口腔がん検診には17名の区民のみなさんが来場され、お口の健康に関心をお持ちの方が多いことに驚かされました。
フォーラムの1部では昭和大学歯学部スペシャルニーズ口腔医学講座准教授 丸岡靖史先生をお招きして、「病中、病後(周術期)には、お口の健康管理が大事です」という演題で、口腔写真を多数用いて、区民向けに、わかりやすい内容でお話しいただきました。来場された区民の方々は熱心に耳を傾けており、質問も出るほどでした。
2部では会場をセッティングし直して、17名の希望者のがん検診を行い、1人1人時間をとって相談をお受けいたしました。
お口の健康フォーラムは「歯の衛生思想普及事業」の一環として毎年行っている事業の1つです。今後も、本会で区民のみなさんの健康維持、増進に寄与できればと思います。


寝たきり高齢者訪問歯科支援事業
大田区民約67万人のうち、65歳以上のねたきりの方々は、およそ8000人弱いるといわれております。このねたきり高齢者の方々は、全身的な疾患は勿論のこと、歯及び口腔の疾患、また食事摂取や嚥下(飲み込み)の問題などもほぼ全員の方がお持ちであると思います。
このような方に対して、歯科医師を派遣することによって歯科健康診査、摂食嚥下機能診査、治療案内などを行い、心身機能の低下の防止と健康の保持、増進を図ります。
(この事業の対象者は原則として家庭において、ねたきり状態にあるおおむね65歳以上の方で通院困難な区民に限ります。)


警察協力医会
本会の警察協力医会は、大森警察署・池上警察署・田園調布警察署と大森歯科医師会会員の連携を常に保っています。その上で本会会員もまた身元不明死体の検屍や歯科法医学的見地のもとに、警察捜査に絶えず協力しています。
事件、事故、災害時における身元確認活動に協力し、さらには毎年上記の3警察署との連絡会を定期的に開き、連絡を密にし、歯科法医学を活用して捜査活動に協力できるよう日々努力、研鑽を重ねています。
今年度も平成29年3月1日(水)午後7時より、3警察署から警察官の方も参加していただき、講演会を開催いたしました。

  「デンタルチャート・DNA型鑑定の有効性と限界」
      講師 日本大学歯学部法医学講座 伊澤 光 先生

今後も警察と一緒に検屍等の知識を高め、事故・災害時に迅速な連携がとれるよう備えていきたいと考えています。


学校・保育園歯科健康診査
学校歯科健康診断
1.学校の健康診断
 学校の健康診断の一環として歯の検査を実施するにあたり学校歯科医としては、児童・生徒の年令に従い、歯と口の発育と全身的発育とが順調に行なわれ、しかも健康に障害がないかを診断するのが目的です。
〔処 置〕
 交換期乳歯の発育の障害、疾病や異常を早期に発見し、適切な処置が行なわれるように指導する必要があります。
〔保健教育・保健管理〕
 歯科健診を通して、児童・生徒と接触して、歯の健康に関する保健教育を推進する事、保健管理面と保健教育面について考慮がなされねばなりません。能率的で効果ある健診を実施するには、学校歯科医が中心となって、養護教諭・教師・児童・生徒、父母等全員が協力して、保健教育活動を行なうように、学校教育の立場になって計画しなければならないでしょう。
2.歯科健診の内容
 1) 就学児の健康診断は、治療勧告などその他適切な措置をとらねばなりません。
 2) 児童・生徒の健康診断については、疾病の予防処置を行ない、又は治療を指示し、適切な措置をとる必要があります。
 3) 健診項目については、特にむし歯・歯列不正・歯周疾患・顎関節の異常等の検査、その他不正咬合にも注意します 
 保育園歯科健康診査
人の健康に対する考え方は、子供のころから段階を経て作られてきます。幼児の時からのしつけ、教育が大切です。よく噛むことによって体に栄養を与え、脳に刺激を与えることになります。噛むと、唾液の分泌が良くなります。それは脳にある中枢を刺激します。
食物が砕かれることによって胃液の分泌がよくなり、胃粘膜への刺激も少なくなり、さらに体内への吸収が良くなります。それが体をつくるすべての組織へ行き、栄養となり、成長していきます。その入口が「口」なのです。
最初のステップの保育園での歯科健診を通して、園児・保護者の方たちに口腔の大事さをお伝えする、それが保育園歯科の一つの役割と考えています。年に2回(春・秋)、保育園歯科医が歯科健診を行っています。


介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)歯科協力事業 
大森歯科医師会では、大田区の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)へ訪問し、歯科保健医療協力を行っています。
この事業は施設で生活する高齢者の方々への、口腔の健康指導、必要があれば訪問歯科診療の実施、口腔ケアの実施や施設の職員の方々へその方法を指導しています。また、高齢期になると食べる機能や飲み込む機能が低下して、誤嚥(間違って、食物や飲み物などが気管に入ること)や窒息などの危険性が高まります。おいしく、楽しく、安全に食事ができるように食事の状況や環境、食べ物の形態を観察し、施設職員と協働しながら「食べ方トレーニング」を実施しています。我々、大森歯科医師会は施設に入所されている方々の口腔機能を維持することを心がけています。


障害者施設歯科健康診査
障がいのある方々も、明るく健康で自立した生活が出来ることや自らの努力で地域社会との交流が出来ることはとても大切なことです。これらの環境を整えることが我々歯科医師会の責務だと考えております。その中で歯科保健活動事業として様々な障がい者(児)の施設へ訪問し、歯科健康診査および歯磨き指導、歯科健康相談などを行っています。歯科健診後に必要があれば会員診療所や連携歯科病院等への紹介なども行っています。
◎区立心身障がい児(者)施設利用者歯科健診
・上池台障害者福祉会館
・大田福祉作業所
・大森東福祉園
・こども発達センター わかばの家
・新井宿福祉園
・久が原福祉園
・池上福祉園
◎民間の障がい者通所施設12ヶ所
・のぞみ園
・スペースC
・Pプロゼクト
・まごめ園
・はすの実作業所
・シーエス・アディ
・雪谷工房
・とちの実作業所
・アルファ企画
・ENTAS
・カフェパーチェ
・みどりの歩み


口腔がん検診
本会では、区民の皆さんの口腔がんの早期発見、早期治療に寄与できるよう、大田区全体での口腔がん検診の実現に向けた取り組みを行っています。平成27年度には、本会は大田区において初めての口腔がん検診を実施いたしました。

平成28年11月27日(日)、大田区嶺町文化センターにおいて第2回目の口腔がん検診が行われました。
当日、会場では第29回嶺町文化センターまつりが行われており、その一画をお借りし検診を行いました。
区民の皆さんには、先着50名ということで告知していましたが、口の中のがんを気にして検診を希望される方は予想以上に多くいらっしゃいました。あっという間の検診時間でありましたが、52名の方に受診いただくことができました。今回は、幸いなことに口腔がん、前がん病変、前がん状態といった重篤な患者さんは認められませんでした。
     


講演会

第4回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成30年3月30日(金)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「医科でよく出る薬と歯科との関わり」
講師: 昭和大学薬学部 教授 倉田 なおみ 先生

第3回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成30年2月26日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「口腔外科的治療に役立つ臨床検査の見方と術前診察の重要性について」
講師: 池上総合病院歯科口腔外科 副科長 水澤 伸仁 先生

第3回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成30年2月20日(火)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「日本歯科医療の社会的価値を高める戦略」
講師: 赤司 征大 先生

第3回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成30年2月19日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「みんなでできる認知症スクリーニングTOP-Qに関して」
講師: くどうちあき脳神経外科クリニック 院長 工藤 千秋 先生

第2回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年12月1日(金)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「アナフィラキシーショックその時に」
講師: 昭和大学医学部小児科学講座 講師 今井 孝成 先生

第1回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成2911月20日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「医業継承」
講師: 柏の葉総合歯科 康本 征史 先生

第2回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年11月13日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「痛みの原因はどこにある?」
講師: あんどう歯科口腔外科 院長 安藤 彰啓 先生

第1回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年9月27日(水)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「歯科用コンビームCTによる臨床症例の画像診断」
講師: 鶴見大学歯学部口腔顎顔面放射線・画像診断学講座 講師 五十嵐 千浪 先生

第2回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年9月25日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「障がい者その特性と対応の基本」
講師: 昭和大学スペシャルニーズ口腔医学講座 准教授 船津 敬弘 先生

第1回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年8月4日(金)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「骨吸収抑制薬関連顎骨壊死における2016年ポジションペーパーと個人的な反論」
講師: 東邦大学医療センター大森病院口腔外科 診療部長 関谷 秀樹 先生

第3回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年2月22日(水)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「救急薬剤について」
講師: 池上総合病院 口腔外科 渡辺 大介 先生

第4回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年2月14日(火)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「有病者の歯科治療における診かたと対応」
講師: 東京女子医科大学歯科口腔外科講師 酒向 誠 先生

第3回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成29年1月13日(金)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「歯科と認知症」
講師: 東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科部長 平野 浩彦 先生

第2回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年11月14日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「審美的な口腔を維持する治療はMIから始まり口腔管理で終わる」
講師: 昭和大学 歯学部歯科保存学 講座 美容歯科学部門 主任教授 真鍋 厚史 先生

第2回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年10月31日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「口腔と全身とのかかわり」
講師: 慶應大学 歯科・口腔外科学 講座 教授 中川 種昭 先生

第3回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年10月17日(月)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「医療承継に向けての準備と取り組みとは」
講師: 柏の葉総合歯科 康本 征史 先生

第2回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年9月14日(水)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「歯科とアレルギー」
講師: 世田谷区歯科医師会 松村歯科医院 松村 光明 先生

第1回公衆衛生講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年9月13日(火)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「チェアサイドで出来る口腔がん検診と同実習」
講師: 東邦大学医学部口腔外科 准教授 関谷 秀樹 先生

第1回医療管理講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年6月1日(水)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「歯科医療における舌神経麻痺ー原因並びに対処法」
講師: 昭和大学歯学部 教授 代田 達夫 先生

第1回学術講演会の開催
標記につきまして、下記の通り開催いたしました。
日時: 平成28年5月27日(金)  開演:午後8時
場所: 大森歯科医師会館 2階ホール
演題: 「自家歯牙移植~症例選択と成功の秘訣」
講師: とのつか歯科医院 院長 殿塚 量平 先生


大森歯科医師会では、以下の事業にも取り組んでいます
・健康大田21への支援
・歯科医院における禁煙支援プログラムの実施
・高齢者・障害者への訪問歯科診療等の実施
・介護保険における居宅療養管理指導の実施